植村直己冒険館

兵庫県豊岡市日高町伊府785
開館時間 / 9:00~17:00 (最終入館16:30)
休館日 / 水曜日 (祝日の場合は翌日休)、12/29~1/3
チャレンジャー紹介

チャレンジャー紹介

チャレンジャー検索
高校生最後の夏、日本縦断
高校生最後の夏、日本縦断
お名前:杉田 伸太郎 さん
ご来館日:2011年07月29日

来館日 : 平成23年7月29日(金)

名 前 : 杉田 伸太郎 (17歳)高3

住 所 : 愛知県

 

 

 ジップ式のナイロン袋から生徒手帳を差し出した高校3年生の杉田 伸太郎くん。

自転車で日本縦断の途中に立ち寄ってくれました。冒険館は、絶対行くと決めていた場所なんだそうです。

実家のある愛知県から新幹線で自転車ごと鹿児島へ移動。最南端・佐多岬を7月21日に出発。九州を縦断すべく北上。途中、道行く人たちが声をかけてくれたりジュースをくれたりと人の温かさに触れました。そういう体験を繰り返していたのですが、その頃から夜を迎えるたび、心境に異変!?が…。ホームシックにかかってしまったようです。

 志半ば、思い切って新幹線に飛び乗り実家へ…。

そしてまた、気持ちを落ち着け、もう一度、再出発。このホームシックがさらに力を与えたのかもしれません。今までの遅れを取り戻すかのように、1日100キロ~140キロをこぎます。目指すは、北海道・宗谷岬!

 旅のきっかけは、友達と出かけた岐阜への旅。日本アルプスの山並みに魅せられ、山を始めました。冬に登った伊吹山の景色が忘れられないそうです。冬山にとり付かれ、厳しい冬の奥穂高にも登りました。

その後、自転車にも興味を持つようになり、アルバイトをして自転車を購入。旅の資金が貯まったところで、高校生の最後のこの夏、日本縦断を決心。大きな一歩を漕ぎ出したのです。

 ん?しかし進路は???少し心配になり聞いてみました。

夢は、山岳ガイド。卒業後は、新潟の山岳ガイドを養成する専門学校に進む予定だそうです。そのまた夢は、海外の山へ。南極のビンソンマシフに登りたい!そう話してくれました。まさに植村さんが持ち続けた夢。

ひとつのきっかけから、自分の生きる道を見つけ、夢をたぐり寄せているその姿に心からエールを送りたくなりました。

 これから、どんなことが待ち受けているか…わくわくしながら自転車をこぎ続ける杉田君です。ホームシックは…完治したようです。