植村直己冒険館

兵庫県豊岡市日高町伊府785
開館時間 / 9:00~17:00 (最終入館16:30)
休館日 / 水曜日 (祝日の場合は翌日休)、12/29~1/3
チャレンジャー紹介

チャレンジャー紹介

チャレンジャー検索
日本“往復”縦断の旅
日本“往復”縦断の旅
お名前:須田 健司 さん
ご来館日:2012年04月30日

来館日 : 平成24年4月30日

名 前 : 須田 健司 (68歳)

住 所 : 北海道

 

 

アクティブ&ポジティブな68歳、須田健司さん(北海道)が来館してくださいました。4/15に函館を出発。青森から日本海側を通り鹿児島を目指します。そしてなんと、帰りは太平洋側を通って北海道へ。日本“往復”縦断の旅です。

 40代~50代、トライアスロンもされていた須田さん。きっかけは、健康診断にひっかかり、水泳教室に通い始めたのがはじまり。成人病予防にとランニング、自転車にチャレンジ、3つ揃ったところでトライアスロンに…自然な流れだったとおっしゃいますが、そこに向かう須田さんの大きなパワーがあったからこそだと思います。

   定年後、北海道88箇所めぐり(3000km)の途中に出会ったチャリダーが、鹿児島・佐多岬から来たということを聞いて、鹿児島を目指す旅を決心。今年の初め、年賀状にこのことを豪語!?。“やらなくちゃいけなくなって”と須田さん。自分にプレッシャーをかけることで、また、大風呂敷を広げることで夢を可能にしていくのが須田流。

 今回も冒険館で大風呂敷を広げていただきました。『70歳で北海道マラソン(フルマラソン)に挑戦!』もう後にひけませんね。

 かつて植村さんにも同じでした。口にすることで夢の確認となったのでしょうか。

植村さんと同年代の須田さん。“自分は小さいな~と感じました。植村さんはスゴイ!”と。須田さん自身が自分なりの挑戦の中で、こんなに大変なんだから、植村さんのやったことはとてつもないことだった!とあらためて感じられたようです。

 もうこんなしんどいことは二度とやらない!と思っていてもゴールの後は、また次の挑戦が頭に浮かぶ須田さんです。そのアクティブな姿に、こちらが元気をいただいた気がします。今日の宿泊地に向かって、元気に漕ぎ出されました。いってらっしゃい!そして無事に帰ってきてくださいね