植村直己冒険館

兵庫県豊岡市日高町伊府785
開館時間 / 9:00~17:00 (最終入館16:30)
休館日 / 水曜日 (祝日の場合は翌日休)、12/29~1/3
植村直己冒険賞とは?
1996年に創設。植村スピリットを継承し、周到に用意された計画に基づき、
不撓不屈の精神によって未知の世界を切り拓くとともに、
人々に夢と希望、そして勇気を与えてくれる創造的な行動をした人、または団体に贈ります。

受賞者紹介

「植村直己冒険賞」受賞者検索
2019年受賞者
受賞者:岩本 光弘 さん
冒険名:全盲のハンディキャップを抱えながらも太平洋横断

 2013年のリベンジ航海。アメリカ人ダグラス・スミス氏とペアを組み、東日本大震災への思いからゴールを福島県に決める。
2019年2月25日(日本時間)、太平洋横断に向けてアメリカ・サンディエゴを出発。航海は思った以上に苦戦。日本近海に入ってからは、前線や低気圧に10回以上遭遇し、風速が軽く40ktを超えることもあった。また、台風並みの低気圧を避けるために100マイル以上も逆戻りしたこともあり、精神的に追い込まれる日々が続いた。4月20日、福島県小名浜港いわきサンマリーナに到着。60日を想定していた航海日数は54日3時間4分、航海距離は13,000kmとなった。晴眼者(目の見える人)が風向きなど状況を伝えながら、全盲の人がヨットの舵と帆を操る「ブラインドセーリング」での無寄港太平洋横断は世界初の快挙。

 

【プロフィール】

岩本 光弘 さん

・1966年12月生まれ
・アメリカ合衆国カルフォルニア州在住

2019年受賞者 2019年受賞者